Special ありがとう!  ~一部、ヤンに代わって~

画像


昨日、近所の友人たちから、ヤン宛にお悔やみのお花をいただきました。
みんな、特に私の留守中にヤンの面倒をみて、一緒に遊んでくれた人たちです。

 ヤンちゃん、あんた、人間みたいな猫だったけど、お別れも人間並みだね。
 闘病中も、みんなにお見舞いに来てもらって、ホントよかったね。
 あなた、談笑好きな猫だったから、飽きなかったでしょ?

そして、アリアの藤井さんは「ルルドの泉」のお水をヤンに送ってくださいました。
お気持ち、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。


いま、生前のヤンを可愛がってくださった方々にお知らせとお礼の連絡を
しているところですが、なかなか追いつかないので、取り急ぎここでまとめて
お礼させてください。

まず、私の留守中にヤンを預かってくれたかいちょ&王子&れんちゃん、
いくちゃん&かげちゃん、もこちゃん&さえちゃん&ちゃびいくん、
山下さん&ジャミくん、ときわくん姉弟&ぴんちゃん、ひぐちさん、すわちゃん、
本当にどうもありがとう。

毎度毎度、「嫌だー、アタシは帰らない!!! ここの家の猫になるー!」の
大騒ぎが証明していた通り、おかげでヤンは私の留守中も、楽しかったと思います。
連日のおしゃべりにつきあってもらって、ヤンは嬉しかったと思う。

ヤンにバケーションの場を提供してくれたおばちゃん&ターボ兄もありがとうね!

そしてお見舞いに来てくれたみのりちゃん、かなちゃん&かずくん(かなちゃんの
お父さんもいろいろとありがとうございました!)、かいちょ、いくちゃん、
山下さん、ありがとうございました。
ヤンは浮かれちゃってすごく喜んでいたし、私も張り詰めた気持ちがゆるみました。

それから、たかちゃん、的確なアドバイスとトイレシートをありがとう。
物心両面ですごく助かったよ。

また、きりがないのでお名前はあげませんが、いろいろと心配してくださっていた
みなさん、メールをくれた友、コメントをくれたみなさん、どうもありがとう。
死に向かう介護って心身共にキツイので、みなさんの言葉の一つ一つが
すごく心を軽くしてくれました。

さらに打ち合わせの時間をずらしくれたり、遅れがちな原稿を待って下さったり、
いろいろと便宜をはかってくれたお仕事関係のみなさん、すみませんでした。
でも、ホントに助かりました。ありがとうございます。
私はいい人たちとお仕事させてもらっていて、よかったー! と、改めて思いました。

まだまだ、あります。。。
治療&飼い主へのアドバイスの両面でリード&サポートしてくださった
アカシア動物病院の先生&スタッフのみなさま、心からありがとうございました。
ヤンが最期に穏やかな日々を送れたのは、先生方のおかげです。

そして、名前は出しにくいのですが……、私の治療方針を聞き入れてくれて、
ときおり駆け込んでくる私に注射針やシリンジを出してくれた近所のペット
クリニックの先生、助かりました。ありがとうございました。

それから、じーるさん!!!
自然療法で猫も人間もなっとくのいく治療をできたのは、じーるさんの
懇切丁寧なアドバイスと詳細なブログのおかげです。お世話になりました。

ヤンの言葉をチャネルしてくれたゆりさんもありがとう。
もっと早く聞きに行けばよかったと思ったほどで、参考になりました。

心のこもった火葬をしてくれたペットメモリアル東京のみなさんもありがとう。
ひどい事件があった後だったからドキドキしていたんだけど、心配は杞憂でした。

それから、何度も介護ヘルパーに来てくれた父と、タオル等を送ってくれた母、
お悩み相談所のように嘆きの電話につきあってくれたおばちゃん、あこ姉ちゃん、
どうもありがとう。心身ともにすごく助けられたわ。

たぶん、まだ、他にもお世話になった方がいるような気がするんだけども……

とにかく、私からもヤンからも『どうもありがとう!!!』です。

いやぁ、猫一匹であっても、幸せに過ごしてもらって見送るには、めちゃくちゃ
いろんな人の”おかげ”が存在するんですねー。
本当に、全方位的に、ありがとうございます。

写真上は、近所友からヤンのお弔いにいただいたお花。
写真下は、寝たきりになっていた最期の頃、見舞いにきてくれた友人と
談笑するヤン。彼女は私の留守中、置いていかれたヤンの愚痴を一番、
親身になって聞いてくれた人かも知れず……、ヤンは慕っておりました。

画像


以下は上に出てくる方たちのサイトです。必要に応じて見てみてくださいね。

かいちょ http://www.site-kawahara.com/
アリア http://aria-miya-amuu.com/
アカシア動物病院 http://www.acacia-vet.com/
じーるさん http://gltoko.blogspot.com/
ペットメモリアル東京 http://www.pet-tokyo.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック